今回ご紹介するのは、外壁の改修工事(リフォーム)です。

施主様は、弊社HPを見ていただいてご連絡いただきました 

窯業系外壁(サイディング)の端部が、凍害(とうがい)でボロボロしてきているので、板金でかっこよく長持ちする材料はないかとお問い合わせでした。

 いわゆる、凍害(とうがい)とは窯業系サイディングの端部、出隅やコーキング目地あたり、または表面が微細な気砲があって、元々は製品の上に塗装がかかっていたり現場で塗装したりするのですが、それが経年劣化(けいねんれっか)= 紫外線等が原因 でやつれてきて、その気泡の中に雨でぬれた水分が冬場の低い外気温のために凍って爆裂し、結果、外壁表面がボロボロしてくる=外装が痛む 事となります。他、濡れたり乾いたりを繰り返していくうちにも表面が劣化していきます 

それが進行していくと、外壁からの漏水につながりますので、早めに板金でリフォームした方がいいですね 

 

 

最後に申し上げておくのは、ただ窯業系サイディングが悪いものではないけども富山の気候には合わないということでしょうか

 窯業系外装材には、私たち金属系外装材にはできない、表面の凹凸や重厚感での意匠性は優位にあります。ただメーカーも対応すべく、昔よりかは断然よい外壁性能を持つ窯業系外装材もたくさんありますので、お客様には選ぶ選択肢が多いのも優位であります。 金属系はある程度形状と色がプレコートされた原版から加工しているために制約があるのも事実ですよ~ この辺詳しく聞かれたい方は、弊社までお気軽にお問い合わせください。

ちなみに今回施工させていただいた施主様からは「あ~いいがなったちゃね~」と大変お喜びいただき、工事完了報告とともに工事写真帳もお渡ししておきました

弊社としても部分リフォームではありましたが、外壁に新たなイメージを作り上げることができて大変うれしかったですよ~

 

お問い合わせはこちら