Beyond CORONA

もう3月。今年も始まってもう2カ月がたったんすねぇ~ 工事も最高潮に各所一気に進んでいましたが、雪で遅れる現場、予定通り始まる現場、一般顧客の雪害需要と、引き続き目まぐるしく変わる毎日に、仕事のあることの幸せに感じつつ、もう3月かと自身のリセットの意味で年初からの吉岡板金工業所を振り返ってみたいと思います。

35年ぶりの大雪に見舞われた年初

1月8から降り続けた雪は成人式の連休明けまで続き、屋根上に1mくらいまで降り積もりました。

週明けの12日からの週は、会社の除雪に、現場の除雪に、家の除雪に、と。その週明けまで除雪して仕事、仕事行って帰って除雪。朝も除雪と。除雪に次ぐ除雪と、大変な年初となりました。

私も久しぶりに屋根雪を下ろしましたが、、、危機一髪でした(;´Д`)

富山の雪は湿って重たく、あまりにも積もるので、今回は心配になり下ろしました。

今はもうだいぶ暖かくなり雪は消えましたが、今では雪が懐かしいくらい。どれだけ降っても季節が過ぎればちゃんと消えますね。来年はいかがでしょうか??

引き続き継続現場もお困り現場も盛りだくさんでした(^^;

N邸

T邸

Y邸

H邸

Hサロン

W邸

O邸

K邸

I邸

雪害から雨漏り現場など要請現場

見積もりはするけどまだ取りかかれてない(;^_^A

というように、写真の整理だけでも多くて間に合わないのですが、継続現場もあり、雪で遅れ、予定が崩れ、新規の依頼や、緊急度の高い依頼もあり、なんとか知り合いの応援要請も行い毎日毎日やりくりしています。

Beyond CORONAのこれから

ということで、年末から年初のもろもろをありのまま紹介いたしましたが、法人、一般問わず、皆様からのご依頼いつもありがとうございます。また、工事の遅れや進捗でご迷惑かけている取引先様、顧客様、弊社に依頼されご期待いただく方、工事遅れお詫びいたします。

しかしながら、毎日思うのは、弊社のスタッフが健康で安全で、よりよい板金の追求とその提供のために、元気に現場でその力を発揮してくれることです。私は改めてその事に全力を尽くし、目の前の仕事に取り組んでいこうと思いました。

我々の業界は、いまだコロナの影響がでているか、もしくは出ていないような気もします。つまり、コロナの影響はこれから。その時に、仕事がなくても今のスタッフは絶対抱えていかなくてはいけません。そうならないように日々一つ一つの仕事にじっくり取り組んでいきたいと思います。コロナについては、”アフターコロナ”や、”ウイズコロナ”と、いろんな言い方がされていますが、私は”ビヨンドコロナ”と銘打って来るべき備えをして行きたいと思っております。

平年なら、今日からは静岡県の朝霧高原に行って、第43回建築板金競技大会という所属上部団体の全国大会に参加して、明日の試験に挑むつもりでした。しかし、それもコロナのために今年は中止になりました。

富山県もコロナ感染症対策基準がステージ1になり、明後日3月1日より全国の緊急事態宣言が継続している地域も7日を迎える前に解除の方向ということで、コロナも終息へ?ワクチンも到着し次第に打っていけるようになるといいますが、決して今までの生活には戻れないと考えます。感染症対策になれた昨年らい、新たなサービスを利用し、新たな価値観が生まれ、ころは新たなビジネスチャンスとなるのだと思います。

私がよく言う、「周りがめまぐるしく変わっていく時代なので、同じ価値を提供していくためには、いつも、私たちも変わらなければならない」という事でアンテナを張る1年にしたいと思います。

さて、延期になった「東京オリンピック・パラリンピック」は開催されるのかどうか、気になりますね(^^♪

ではまた!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA