金属系外装材を武器にこれからの業界をリードします!

業者の見分け方

  • HOME »
  • 業者の見分け方

 安易に大幅に値引きする業者や飛び込みでくる業者にご注意!!

板金は普通に施工しても20年~30年はらくに保ちますが、実際はもっと早い段階で何かしら手を施す事が多いでしょう。 たとえば、新築時にはきれいでも経年劣化による、塗装のやつれは多少はしょうがないかもしれません。しかし雨漏りは通常経年劣化では起きません。 何かしらの不具合が施工時からあって、何事もないようにすごされてきた、気づかなかっただけなのかもしれません。それが施工後数年で漏れ出しているのは、許容範囲を超えたから。屋根下地が浸水を吸っては乾き、乾いたのにまた吸ってを繰り返しているうちに、吸い込みが弱くなってきて許容範囲を超えると家の内部、目に見える形で漏れだしてきます。それで雨漏りしたのだと思います。 ですから、大幅に値引きしてくる安い業者はお客様の大事なお家に対し契約がほしくてちょっとだけ見てカンタンに施工していき、数年後に雨漏りしてしまうのです。工事の規模によりますが、1件でもいい車1台くらいの金額になります。でもそんな見積もりで半分も値引きできるでしょうか。安い業者は受注のノルマがあり全国渡り歩きながら自社の業績のために安く契約して、工事後は知らん顔でまた別の地方へ行ってしまいします。保証はなにもありません。だから安い業者にはウラがあります。

もし、施工後にせっかくきれいになったのに数年で何か事が気になりだしたら、普段生活しているふとした瞬間に気になります。それが雨漏りなら大変ですが、塗装のやつれやコーキングの劣化等であれば見た目の問題であればまだいいほうです。しかし、お客様は毎日住んでおられるので気になりだしたら、あそこもここもとよく目につくものです。
もし、気になって気になってしょうがない方は、業者を呼んで一回見てもらうことをお奨めします。
※ここで言う業者=私ども専門工事業者なので、工務店やハウスメーカー等の担当者ではありません。
屋根のことは屋根屋(板金屋か瓦屋)に聞くのが一番です。

通常はお悩みを聞き、悪いところのその原因と対処法がわかり、補修する金額がわかればそれだけでも安心できます。それから、次の段階に進めることができます。

最近は県内でも少なくなってきたようですが、一時流行っていました訪問販売(お客様から頼んでもいないのに、あそこが悪い、ここを直したらよいと向こうから言ってくる)の業者にはご注意を!全く不必要な工事をやって、お客様のお家をめちゃめちゃにしていきます。

 

当社では、お客様のお悩みを聞いてから調査させてもらって、ていねいな対応で板金を提案させていただくので、ご安心下さい

 

素晴らしい板金の世界へようこそ! TEL 076-425-8774 受付時間9:00- 17:00(日曜・祝日除く)

新元号は『令和(れいわ)』

4月1日に新元号が発表されました。 新元号は、6つの中から「令和」となりました。 初春の令月にして、気淑く風和らぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす(出典:「万葉集」第五巻) 意味は、「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ」ということだそうです。 新しい元号から始まる今年に期待いたします。

PAGETOP
Copyright © 有限会社 吉岡板金工業所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.