吉岡板金工業所

屋根についてお困りごとは
ありませんか?

屋根は、建物の中でも劣化が激しい部分のため、雨漏りのような不具合を起こしやすい場所でもあります。雨漏りのような不具合が起きてしまえば、一気に生活にも支障が出てしまいますね。そのため、屋根の不具合は早急に修繕する必要があると言えます。ただ、屋根の修理方法にも様々な種類があり、直せる不具合や費用も大きく異なります。そこで、発生している不具合に合わせて、適切な修理方法を選択することが必要となるのです。

屋根修理の種類について

一言に屋根の修理工事といっても、具体的な方法は非常に多岐に渡ります。また、方法により手間や必要な資材も異なるので、費用にも大きな差があります。できるだけ修理費用は安く抑えたいでしょうが、そもそも不具合が解消しなくては安くても意味がありません。そこで、劣化や不具合の症状ごとに適切な修理ができるよう、必要となる工事を紹介していきましょう。

屋根修理イメージ

屋根修理イメージ

屋根修理イメージ

葺き替え

屋根の葺き替えは、古い屋根を取り除き新しい屋根を取り付ける修理方法です。屋根修理の中でも、最も大掛かりな工事となります。屋根材だけでなく、内部の防水シートや木材の下地も全てを撤去して新しいものと交換します。屋根が全て新しく生まれ変わるので、雨漏りなどの不具合を確実に解消できるでしょう。最近では保証もしっかりしているところが多いので、雨漏りなどの不安から解放されること間違いなしです。ただし、大掛かりな修理が必要なので費用も高額になります。平均的な金額から見ても、100 万円以上の出費は覚悟しておかなければなりません。高額な工事を売りたいだけの業者も存在するので、必要性をしっかりと検討する必要があります。屋根の葺き替えが必要になるのは、屋根材の劣化が激しく、腐食が防水シートや下地の木材にまで発展しているケースです。つまり、屋根が内部まで劣化している状態ですね。築年数が古い建物や、屋根材の劣化を放置してしまった建物なら、葺き替えが必要となる可能性が高いといえます。

カバー工法

カバー工法は、既存の屋根の上から新しい屋根を取り付ける修理方法です。葺き替えに比べて既存の屋根を撤去する必要がなく、その分修理費用を抑えることが可能となります。ただし、屋根を撤去しない分、新しい屋根を作った分の重量が増してしまいます。重量が増すと、その分建物本体への負担が増してしまうので注意が必要です。重量増加による、耐震性能への影響も気になります。また、既存の下地に手を加えないため、劣化のような不具合を放置することになります。もしカビや腐食が発生しているなら、建物本体まで侵食してしまい、大きな不具合を発生させる可能性を高めてしまいます。そのため、下地の傷みが激しい場合は、カバー工法を使うことはできません。カバー工法を選択する場合は、「下地に問題がないか」事前にきちんとプロの目で確認してもらう必要があるでしょう。重量のある日本瓦の屋根においては、カバー工法を選択することはできません。日本瓦の屋根の場合、下地の劣化の修理には葺き替え工事が必要となります。カバー工法も、屋根の下地の劣化が進行している場合に用いる修理方法です。葺き替えが必要な状態ですが、費用を抑えるためにカバー工法を採用するといった感じになります。

部分補修

下地部分に問題がなく、屋根材の一部のみ破損している場合は部分補修で対応できます。スレートや瓦が数枚割れている場合や、板金部分が破損している場合ですね。このようなケースでは、破損している屋根材を交換するか修繕するだけでトラブルを解消できます。ただし、トラブルの原因が一部の屋根材の破損とは限りません。ひび割れが同時に数箇所発生しており、全て補修しないとトラブルが解決しないこともあるでしょう。また、目に見えるひび割れはトラブルとは関係がないというケースも考えられます。安易にひび割れが原因と考えていては、いつまでたっても不具合が解決しないという事態に陥るおそれがあります。そのため、下地や破損部分に見落としがないか、一度プロに検査してもらうほうが無難といえるでしょう。

劣化や不具合の状況により
最適な屋根修理は異なります

屋根修理の工事にも色々な種類があるとわかっても、「結局どの方法で修理すればいいの?」と疑問に思うかもしれません。実は最適な屋根修理は、屋根の劣化の状況や不具合の状況によって異なります。つまり、最適な屋根の修理方法を選ぶコツは、不具合が発生している状況や劣化の程度を正確に把握することにあるのです。そのためには、優良業者に不具合の原因を細かくチェックしてもらう必要があるでしょう。目安として、築30 年以上を経過し ているのなら、防水シートや屋根下地が劣化している可能性が高くなります。もし、築年数が古い住宅にお住まいなら、一度詳しい調査を信用できる優良業者に依頼することをオススメします。

すぐに葺き替えを提案する業者には
注意です!

屋根の修理業者の中には、「雨漏り」などと聞くとすぐに葺き替えを提案するところもあるようです。このような業者は、高額な葺き替え工事を契約したいだけのケースがあるので注意してください。雨漏りのような不具合は、原因調査が最も重要です。原因調査をしっかりした上で、最適な修理方法を選択しなければなりません。そうしないと、無駄な費用がかさんでしまいます。確かに葺き替えを行えば、屋根が新品になるので雨漏りは収まるでしょう。しかし、葺き替えには100 万円以上の高額の修理費用が必要になります。ちゃんと調べれば、数十万円で済む部分的な修理で不具合が収まっていたかもしれないのです。これでは、葺き替えが無駄な工事といっても過言ではないですよね。屋根の葺き替えが必要か判断するには、下地などの劣化状態を詳しく調査する必要があります。詳細な調査もなしに、すぐに葺き替えを提案する業者は、信用しない方が賢明と言えるでしょう。

すぐに葺き替えを提案する業者には注意です!

屋根修理のご相談は
(有)吉岡板金工業所まで
ご連絡ください。

屋根を適正価格で確実に修理するためには、知識が豊富な専門業者に診断してもらうことが最も重要なことと言えます。契約が取りたいだけの営業業者や、高額な葺き替え工事を売りたいだけの悪徳業者に相談しても、不当な工事を勧められるだけなのです。屋根に関するお困り事があれば、まずは優良業者を探すところからはじめてみてください。ようは、どこに問い合わせるかよりも誰に頼むかってこと。屋根修理でお悩みなら弊社が相談に乗ります。金属の専門家である板金屋さんなら、きちんと屋根に上がって調査を実施し、屋根の状態に合わせた適切な修理方法をご提案いたします。小さな修理から大規模な工事まで何でも対応いたしますので、お気軽にご連絡ください。

© YOSHIOKA BANKIN Corporation

895, Akada, Toyama city, Toyama prefecture, 939-8064 TEL: 076-425-8774